×

メニュー
Menu

お知らせ
Notice

2022年7月下旬
工事進捗のお知らせContents

お世話になっております。小柳建設㈱です。
本工事、やすらぎ堤の施工が本格的に開始しております。


断面図(上流側より望む)


本ホームページのお知らせを通して、施工内容の解説や状況などをお送りしていきます。

まず、本工事名にもある『河(か)道(どう)掘削(くっさく)』です。建設現場では【浚渫(しゅんせつ)】と呼ばれており、 特殊な重機を積んだ船で行います。様々な形状のものがあり、専門の業者が取り扱っているものになります。
小柳建設でも浚渫事業を行っております。↓
https://n-oyanagi.com/kuukiasso-lp/

今回の浚渫の目的は河川の水深を深め、洪水対策で流れをよくするためですが、
本工事の施工箇所周辺の水位は1m程度と浅いため、船が運航できません。
そのため、浚渫する範囲とは別に施工箇所周囲の航路を確保するための浚渫を行いました。



 航路確保後、盛土する箇所に矢板護岸工の鋼矢板を設置しますが、
完成形の本設鋼矢板は水位より深く打ち込むため、その川側に水位より高い仮設鋼矢板を先に打ち込み、中の水を取り除いてから本設の鋼矢板を打ち込むことにしました。
 ちなみに打ち込みの工法は振動・騒音に配慮した圧入工法になります。油圧の力で鋼矢板を地面に押し込むことで振動・騒音を低減する事が出来ます。



そして20日間ほどで仮設鋼矢板の打ち込みが完了しました!


打ち込み作業の様子をタイムプラス動画でご覧いただけます↓↓↓